RE:navi

条件にあった不用品回収業者を探すポイントを伝授!

リサイクルの関係

資源の活用や環境保護

財布

物流や人々の移動のために活躍した船も劣化した状態で航海に出たり、不法投棄されると海の汚染や事故の原因になります。船舶解体は、海や水質環境を保護するために欠かせません。また、船から再利用のための資源を取り出し、効果的に利用することで、莫大な資源やエネルギーを削減するために、船舶解体は役立っています。また船舶解体によって取り出した鉄資源は、リサイクルに有効活用しています。鉄または非鉄金属など、リサイクルできるものと、そうでないものに廃棄物の分類を行います。そして、それらのリサイクル可能な資源を、鉄鋼業界へ供給することで、地球環境にも貢献しています。船舶解体の方法は、大型船舶と小型船舶、木船で多少異なります。大型船舶は、沖合いで船を繋いで、解体作業を行います。小型船舶は、岸壁係留方式を採用しています。また木船は、陸上で解体作業を行います。船舶解体におけるリサイクルの大半が、賃金の低い国で実施されています。ただし、そのような国では、船舶解体の安全性の確保や、環境基準に沿った廃棄処分が実施されていないケースが少なくありません。しかし、日本における船舶解体業の多くは、解体やスクラップ加工に関連したリサイクルと廃棄物の類別処分に細心の注意を払い対応しています。そして、木船の解体では、重機作業と手作業を状況に応じて使い分け、適切な仕分けを行います。ちなみに、船舶にもよりますが、90%近くを再資源化できるケースもあります。

自分の船を処分する方法

粗大ゴミ

個人で所有するヨットやクルーザは、手軽に船乗り気分を味わえる趣味の一つですが、老朽化が進行すると船底に穴が空いたり安全上危険です。いよいよ修理が不可能だったり新しい船を購入する場合は、現有の船舶解体処分が必要になります。船舶解体は特殊技術のため専門の船舶解体業者へ依頼することになります。船舶解体業者を利用する目的は、当然通常の解体業者ではできないからです。船舶は複雑な構造で、まずは燃料や潤滑油を抜き取り解体場所まで曳航し、内部をある程度解体してから、小さく切断していきます。海洋への公害を防止しながら安全にも配慮しつつ作業する必要がありますので、船舶解体の経験豊富な業者を利用すると良いでしょう。次に解体撤去で発生する産業廃棄物の処分も船舶解体業者は対応してくれるのも利用する目的の一つです。産業廃棄物の処分は登録業者しかできません。このため解体から処分まで一手に引き受けてくれる船舶解体業者が人気です。船舶解体業者を選定する時は、実績が豊富なことと以下のことに気をつけましょう。まずは適正な処分価格か見極めることです。素人では判断が難しい場合は、複数の業者から見積もりを取ると良いでしょう。大抵の業者は無料で対応してくれます。一例をあげるとプレジャーボートならおおよそ60万円前後が相場です。次に工期の長さも大切です。長期間の解体になると、それだけ人件費もかかりますし立ち会いも大変なので、なるべく工期の短い業者を選定しましょう。

内装を解体

船

船を再利用する方法として、スクラップにしたり、船舶解体して部品を販売する方法があります。船が陸から遠い位置にある場合は、解体しやすい場所まで運ぶ必要があります。解体方法ですが最初に、船の寝室やバスルーム、トイレなどの内装を解体します。使えそうな部品で、そのまま売れそうなものがあれば販売しましょう。次に、機関室を解体し、エンジンやオイルタンクなどを撤去します。これらも売れそうであれば、販売することになります。エンジンやオイルタンクを船の外に運び出すには、クレーン車などが必要になります。船舶解体には、特殊な技術と経験が必要になるため、依頼はどのような業者でもいいというわけではありません。船からは廃油や有害物質などが出ることがありますから、それらに対する知識や処分方法などを知っていることも大事です。船の構造が理解できていて、適切なルートで船の部品を販売できる業者に依頼しなければ、適正な価格で売ることはできないでしょう。また、船の部品を販売するばかりでなく、天井や床などを本体から切り離し、船舶解体を行う技術が必要になります。船底には、貝などが付着していますから、それらの掃除を行うことも大切です。船舶解体には、いろいろ手間がかかります。売れる部分をすべて取り外したら、残りの部分はスクラップになります。船舶解体によって再利用できる部分を無駄なく活用して、船に使われている貴重な資源を節約することができます。

利用するのが不安

船

神奈川にあるリサイクルショップの中には訪問買取をしているところがあります。電話やメールで不用品の種類や数量、訪問日を決めて買い取ってもらう方法です。この方法なら自宅に居ながら不用品が処分できとても便利です。

詳しく見る

いらない物を処分する

女性

豊中でいらない物を処分したいなら、不用品回収業者に依頼するとよいでしょう。出張買取に対応してくれる場合もあります。家具や家電などはもちろん、意外な物も買取してくれることもあります。不用品回収依頼は、まず電話等で問い合わせ行い、その後買取査定に来てもらいます。

詳しく見る

リサイクルの関係

財布

船舶解体は、再利用目的の資源を取り出し、有効に活用することで、莫大な資源やエネルギーをカットすることに役立っています。そしてリサイクルできる資源を、鉄鋼業界などへ供給することで、地球環境にも効果があります。

詳しく見る